おりものに血が混じるとき

おりもの(下り物)が出ているときに血が混じるのは、発生した場所、おりものの状態によってさまざまな理由があります。
おりものは帯下(たいげ)と呼ばれ、血が混じるというのは古い経穴の残りがたまたま出てきたということも考えられます。
血が混じったおりものが出てきたときには、どこからの出血であるかをチェックしてみてください。 

子宮の収縮が原因となっておりものに血が混じることもあります。
おりものがでてくる場所で卵管から血の混じったおりもの出てきた場合には、婦人科で検査を受けたほうが良いでしょう。
閉経後の女性でおりものに血が混じっているときには、婦人科の病気または菌に感染していることも考えられます。
長引くようでしたら一度病院へかかりましょう。

血の混じったおりものが出ていて、膿(膿性帯下)が見られる場合は、シャワーなどで清潔に保ち、下着の汚れが気になるときには、おりものシートを使うようにしてください。
交換頻度が多い場合、膿が出続ける場合は、できるだけ早く病院へ行きましょう。

妊娠の可能性がある場合おりものに血が混じっていて、他の症状(熱など)がある場合は、感染症の可能性もあります。
おりものというのは、血性(血が混じる)のものは、生理の前後、妊娠初期などの場合を除くと、正常とはいえないのですが、正常なときのおりものの状態を把握しておく必要があります。

この記事のタグ

サイト内関連記事

おりものが臭い時
おりもの(下り物)が臭くて悪臭があるときには、同時に現れる症状(痛みなど)によっ......
おりものと考えられる病気
おりものから考えられる病気は、おりものの、量、状態、そのほかの症状によって変わっ......
おりものが茶色い時
おりものが茶色で生理が遅れているのであれば、妊娠の可能性があります。 妊娠初期に......

▲このページのトップへ